伊賀正美

父の若い頃の写真が手元にあった。
徳島の夏の光がまぶしくて目を細めているが
目を開けると結構眼力があって、
徳島のアランドロンとか言われていたらしいよ。
JUGEMテーマ:スポーツ
 



徳島の父が頑張っております。

82歳鉄人走って幸せ 国内完走者で最高齢

JUGEMテーマ:スポーツ

82歳のトライアスロン選手が徳島市にいる。戦争を経験し、仕事で体をこわし、「このまま死んだらつまらんな」と走り始めたのがきっかけだ。初レースから20年余り。気がつくと、傘寿を迎えた「鉄人」は日本に1人だけだった。

 徳島市の社会保険労務士、伊賀正美さん(82)の一日は未明のランニングから始まる。1時間で10キロ。この間、足が地面をける音に耳を澄ませ、体の状態をチェックする。「音がいつもと違う日はどこか悪い。無理はしない」

 トライアスロンはスイム(1・5キロ)、バイク(40キロ)、ラン(10キロ)の計51・5キロ。60歳で初出場してから、国内外のレースで30回以上完走している。12回連続出場となった今年の「ひわさうみがめトライアスロン」(美波町)は4時間16分でゴール。日本トライアスロン連合によると、記録が残る国内の公式大会で完走した80代以上の選手は伊賀さんだけだという。

 スポーツと無縁だった人生に転機が訪れたのは、50歳になってからだ。公務員として勤めた職場はストレスが多く、胃腸をこわした。医者にもらう薬は効かず、キャベツをすりつぶした汁も試したが、だめだった。

 痛みに耐えながら思い出したのは戦争の記憶だ。旧制中学卒業を控えた1945年2月、愛知の軍用機工場に学徒動員された。偵察機を整備する毎日。ある朝、大規模な爆撃に遭い、工場近くの土手のくぼ地で必死に身を隠した。「あのつらさに比べたら」。そんな思いがこみ上げてきた。

 六つ上の兄にマラソンを勧められたのは、その頃だ。みるみる体調は良くなったが、1年でひざを痛めた。リハビリのつもりで競技用自転車を始め、顔が風を切っていく感覚を知った。仲間に誘われ、トライアスロンに挑戦しようと決めた。金づちだったが、1カ月プールに通い、クロールで25メートル泳げるようになった。

 「この年になっても若い人たちと同じ舞台で楽しめる。それに気がついたのが幸せのもと」。今年、自転車で坂道を楽に上る技術をマスターした。体を起こし、ハンドルを手で引っ張るようにしながら強く踏み込むと、どんどん進む。「あんなに苦しかったのに、今は坂が見えてくるとうれしくなる」。体力の限界は、まだまだ見えない。

(水沢健一) 

多様な色覚体験ルーム ゴッホの絵

さて、10月8日にDiversity of Colorvisoin Room 「イロイロハカセの応接室バージョン」を公開しましたが、その中では色々な体験がありましたが、ひとつの大きな共有感覚がありました。

「ゴッホの色覚」
それは「ゴッホの絵」 です。2009年に当時の色彩学会の小林会長さんに「僕はどうやらゴッホが色弱であったような気がします」と申しましたら、とても面白そうに「それはぜひよく調べて学会で発表しなさい」と言ってくださいました。しかし私はとてもそのような大それた研究をすることもできずただシミュレーションを見ては「この分野はきちんとC型の人たちが研究して欲しいなあ」と思っていました。

「木川孝志さんによる発見が最初」
実はこの話は私が言い出したのでは無く、2007年の冬に徳島のデザイナー木川孝志さんがナナオのシミュレータでゴッホの絵画集をシミュレーションでチェックしながら、C型であれば不自然な色使いがP型D型で見ると何もおかしく無いどころか、かえって描写が生き生きとしてくるということを主張され、私に問い合わせをいただいたのです。ゴッホの絵を色覚シミュレーションでチェックするという全く新しい発見でした。

「ゴッホが書いた青緑色の猫」
その後私は ゴッホの「ドビーニの庭」で青緑色の猫が描かれていたり、またその猫が後で消されていたりすることを知りました。また、ゴッホ書簡の調査などから、ゴッホの色覚はC型ではないと考えた方が分かりやすいのではないかと思うようになりました。

「ゴッホ書簡の中の青と緑の見分けが出来ない話など」
たとえば、ひとつをあげると下記のような記述です。

ファン・ゴッホの手紙 みすず書房 二見史郎編訳、圀府寺 司 (翻訳)
285頁 ヴィルあてのフィンセントの手紙 1888年 99日 16
抜粋:僕ときたらじかにそのものを描かないとと満足しないのだ。たしかに、暗がりでは色調の質をうまく見分けられないので、青と緑を取り違えたり青いリラ色をピンクのリラ色と取り違えたりすることはある。しかし、これは色あせた、青白いみすぼらしい光のある因襲的な黒の夜から脱する唯一の方法だ。

この青いライラックとピンクのライラックというのはC型が見間違うことはありません。しかし色弱者は見分けが付きにくいものです。他にも絵の具を買いに行くのがいつもゴッホではなく弟である理由はなんであるかとか、ターナーの絵を見に行って、絵の隅々まで何色がどういう風に使われているかを非常に細かく記録する理由はなんだろうとか。
丁度心の色展が札幌で開かれていたときに、北海道CUDOの方達にそのような話をしました。

「パルコキノシタさんの研究など」
それから、私は色々な人に、ゴッホの絵のことを話してきました。パルコキノシタさんはとてもよく研究されていて、不自然な色使いのほとんどがシミュレーションでは問題が感じられないことを主張されており、今回の体験小屋の壁にはゴッホの絵を掛けるようにデザインしました。実際に体験ルームの中ではゴッホの絵が大変受けていたようです。

せっかく小林会長から研究を進められたにもかかわらず、私はその実証方法にたどり着くことができませんでした。一番大きな理由は自分自身が色弱者でありシミュレーションの前後が変わって見えないため、C型色覚者がどこに違和感を感じているかが分からないためでしたが、北海道に出かける朝やっと私なりに説明の方法を得ました。まずゴッホのオリジナルの絵の独特の色使いについて説明する。次にシミュレーション後の絵ではその独特の色使いがどうなったか。ここでは青と黄色や白と黒ではなく、特に赤と緑の色のバランスに注目して考える。このような絵の比較画像を見開きにした画集を発行するかねというところまで話をして北海道へ向かいました。

「浅田さんの発表」
本件に関して、浅田一憲さんのブログではとても分かりやすく、またご自身で作られたシミュレーションソフトを使って解説されています。是非ご覧ください。

http://asada0.tumblr.com/post/11323024757


色弱体験ルームお披露目


ソラノイロ研究所(代表は私)は2011年10月8日札幌で開催されたCUDo!2011の会場で色覚体験施設「イロイロハカセの応接室バージョン」をお披露目しました。


「イロイロハカセ」 BY パルコキノシタ

従来P型D型の色弱者の混同色を理解するためのツールとしてコンピュータ画面上のシミュレーションやゴーグル型の体験フィルターがありましたが、この施設は切り取った空間ではなく、ある空間全域を体験空間にします。

簡単に言うとC型群の色覚者(色弱でない人)が赤と緑を見分けている能力をほどよく減ずる仕掛けが光源に施されています。1979年に照明屋をしていた際に思いつき、2009年に学会で発表した体験空間のひとつです。個人の体験だけでなく十数人が同時に体験できるものです。

今回のお披露目は「イロイロハカセの応接室バージョン」と名付けられ、私が原案を作成しソラノイロと伊藤光学工業株式会社とパルコキノシタが開発し空想雑貨がクリエイティブディレクターを務めパルコキノシタが美術を担当し制作には北海道CUDOが協力したものです。

この体験施設は、持ち運びが可能で、ちょっとした暗闇と電源さえあればどこででも設置が可能です。広さは原理的にはいくらでも広くできますが、現状の機材では50センチ角からちょっとした会議室のような広さまで対応できます。

今後 改良と実験を重ねながら、さらなる軽量化やハンディ化、大型化と小型化、ポータブルな体験型施設または検査装置などとして拡張してゆく予定です。詳しいことが知りたい方はお尋ねください。

伊賀正美は2007年ですでに最高齢出場者だったんだな

伊賀正美の写真を集めています。JUGEMテーマ:スポーツ

ブログテーマ[トライアスロン]|ランニング日記 

サキさんのブログで父をみつけました。
サキさんにメールを送って許可を頂こうと思ったのですが、
アメーバブログに登録しないとメールが送れないようです。
すみません。ちょっと拝借します。

2007年 伊賀正美 今から4年前。この時点で78歳なんですが。
最高齢出場者で完走者なのだということで。
来年はきっと応援に行くぞ!

伊賀正美 第12回ひわさウミガメトライアスロン完走

父は本当に尊敬に値する人だ。JUGEMテーマ:スポーツ 

「第12回ひわさうみがめトライアスロン」(実行委主催)が17日、美波町の日和佐地区を中心に行われ、県内外から参加の720選手(リレーを含む)が、スイム、バイク、ランの3種目で体力の限界に挑戦した。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20110718-OYT8T00032.htm

 最初の種目のスイムは、台風6号の影響で波が高いため、大浜海岸の沖を泳ぐコースを急きょ漁港内に変更。選手は小浜海岸を一斉にスタートして港内1・5キロを泳ぎ、バイク(競技用自転車)で起伏の激しい南阿波サンラインの40キロを走破。最後はゴールの八幡神社まで10キロを力走した。沿道では町民らが拍手で応援。制限時間(4時間30分)内に男女計631人がゴールした。

 県内トップは、男子が徳島市川内町の相楽龍也さん(25)の2時間15分39秒で総合8位。女子は阿南市羽ノ浦町の平野真弓さん(44)の2時間52分9秒で総合14位だった。大会最年長者で連続12回出場の徳島市下助任町の伊賀正美さん(82)は4時間16分10秒で完走した。

(2011年7月18日  読売新聞)

色のシミュレーションVer2.0公開 そうだもう一つあったんだ

 iPhone 用の無料アプリ 「色のめがね」と「色のシミュレーション」を作っている浅田一徳さんが「色のシミュレーション」をバージョンアップ(無料です)しました。

 5年以上前からカメラメーカーなどに作って欲しいと依頼してきた機能が全部ついています。
パソコン無しで、携帯できて、シミュレーションして画像記録を残せるもの。すばらしいのひとことです。

「他人の色の見え方を体験しよう!」というコンセプトがいいですね。
これがわかると、いきなり別の世界が開けてくると思うんです。



 現在のヒトゲノム科学では先天的な色覚には異常も正常もないという考え方が主流です。
色覚検査表で異常と正常を分けて少数派を「色覚異常者」と呼んだりすることには問題がある、新しい言葉を模索すべきだと眼科学会で言われてから長い時間が経ちました。
 実は、この間にすでに多くの企業・自治体・団体や学会・マスコミなどでは「正常者」対「色盲・色覚異常者・色覚障害者」という差別的で誤解を産み、科学的でなく誰に寄らず忌避感の強い呼称をなるべく避けて「一般色覚者」対「色弱者」と記述するようになってきました。

 人がデザインするものによって、弱者が生まれてしまう。それならば誰にでも分かりやすいデザインにすることで多くの問題が解決します。安全で安心な社会を作るためには大事なことなのです。

 さて浅田さんの今回のバージョンアップは、非常に多くの改良が成されています。
本来は開発者本人の、改良点を羅列するのが筋でしょうけれど、ここでは私のお気に入り順です。(浅田さんすみません)

世界初系!
1.携帯型4分割同時リアルタイムシミュレーション CPDT型色覚の同時リアルタイム表示。
  選択した色覚型とC型の2分割同時表示もできます。特定の色覚型の全面表示も可能。
  これが無かったんですね。
  問題があるのではないか。あるいは作成したデザインが大丈夫か?といった
  確認を常時携帯する情報機器で五秒以内に起動して確認できる。

2.そのリアルタイムシミュレーション画像を保存する機能
  あとで確認や比較するために、シミュレーション中に画像として保存できる。

3.その画像にGPSタグがつけられる。
  設定でつけたり外したり出来るが、
  位置情報をGPSで取れるので、画像を共有化したり、
  改善ができたかどうかの確認などの展開が可能。

そして、
4.ユニバーサルアプリケーションのユニバーサルアプリケーション化
  カメラの付いたiPad2に対応してます。
  2倍モードで見なくて良いですね。打合せ中などはみんなで見られます。
  (iPhone 3GS,iPhpne 4 ,iPad Touch 第4世代 でもこれまでと同じく使えます。)

5.外部出力対応。なんと、iPad2の外付けディスプレイにミラーリング対応
  浅田さんによると、自動的にそうなってしまったとのこと。

6.フロントカメラ対応
  さて使い道を考えましょう。フロントカメラは左右反対に写っていますが、
  保存するとちゃんと正対応しています。
  (この機能はフロントカメラの付いているiPhpne 4 ,iPad Touch 第4世代 ,iPad2)

7.三杯酢
  三倍ズームです。以外とこの機能は便利です。



さあ、どんどんこのことを広げてください。多くの人が知って、インストールすれば、社会は変わるように思います。

http://asada.tukusi.ne.jp/cvsimulator/j/

そうだ。
もう一つ有ったんだ。

浅田さんはAndroid板も開発中のようですよ。Andoridはエレガントじゃないけどね。

JUGEMテーマ:ユニバーサルデザイン
 

本を買って頂いた皆様へ

「色弱が世界を変える」太田出版 伊賀公一著 を読んで頂いた皆様ありがとうございます。お礼申し上げます。

そのうち続きを書くかもしれません。本に書けない話などはTwitterなどで時々つぶやいていたりします。  http://twitter.com/iga6

それゆえか、このブログはほったらかしにされてしまっている印象ですね。

ということで近況のご報告です。

ボルボマニアのよく利用するボルボ関係HPの200メガヒット記念で頂いた94年式 945 Turbo SEをシコシコ修理しています。土曜日はラジエーターを自力で交換しました。すこしずつ治っています。

ずっと乗っていた91年式945 Turbo はみんなのために臓器提供です。

「野田知佑の川遊び教室」という団体で子供を川ガキに育てるという活動をしています。5月28,29日は千葉県かづさオートキャンプ場で野田知佑さん、加藤登紀子さん、Yaeさん、遠藤ケイさん、辰野勇さんたちの唄有りトーク有りハモニカライブ有りのイベントです。

それ以外の時期には、子供達(とっくに成人した息子達ではなく)とカヌーをしたり、魚取りをしたりしています。

徳島の「吉野川シンポジウム実行委員会」に復帰しました。といっても東京に居るので賛助会員みたいなモノです。「吉野川の歴史とうまいものを食べる会」にもチャンスがあれば顔をだしています。

骨董屋の奥に仕舞われていた、フェザークラフト FRT(カヤックのロールスロイスと呼ばれた)を掘り起こしてきて、あちこち修理しました。リベットを打ったり、ゆがみを取ったりしてなんとか一応形に戻ったので、日曜日に亀山湖へ行き進水式をしてまいりました。

友人の骨董屋さんが店を改装して喫茶店にすると言うことで、MAC CUBEを店内装飾用にプレゼントすることにしました。

絵を描く友達の本を作ったり、展覧会をできないかと企画中です。

放射線検知用のガイガータウンターを作ったりしています。

安全運転をするようになりました。道は制限速度で走る。雨の日はゆっくり走る。当たり前のことが、結構ハイパワーな車に乗っていると見逃されてしまいます。ゆっくり走ると、すごく安全な走りになりました。

やるべき事がたくさんあります。いくつかのアイデア・発明などの完成も。
大量に買い込んできたアルミやステンレスの金属パイプで何をするのだろうとか。

バックミンスターフラー先生のことを忘れた日は一日たりとも有りません。

もちろん、社会貢献活動として、頑張っているカラーユニバーサルデザイン機構のことも当然です。色弱者が自分の色覚に誇りを持って生きられる社会にしたいですね。その社会は当然安全・安心・相互コミュニケーションのハードルの低い社会です。

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 発売

ついに発売されました!
 
http://www.amazon.co.jp/dp/4778312546

商品の説明

内容紹介
国内320万人、男性20人に1人が色弱者ーー街の色が変わり始めた! カラーユニバーサルデザイン最前線。
近年、交通信号機や電光掲示板などの公共物、鉄道や地下鉄路線図、地図、教科書や教材などの刊行物、駅や病院、各種施設などの案内表示、そして電子機器か ら家電の操作画面に至るまで、何かが変わったことに気づいている方もいることでしょう。それは今、確実に世の中に浸透し、大きく育まれようとしています。

著者について
先天性色弱者(P型強度)。NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構[CUDO]理事。ソラノイロ代表。幼児期より他人との色覚の差に興味を持つ。専門 分野は社会システム理論・色彩学・視覚情報デザイン・情報通信。CUDO専属テクニカルアドバイザーとして講演、コンサルタントなどを引き受けている。
  • 単行本(ソフトカバー): 292ページ
  • 出版社: 太田出版 (2011/4/19)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10: 4778312546
  • ISBN-13: 978-4778312541
  • 発売日: 2011/4/19
  • 商品の寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm

放射能の汚染を 色だけで表示

放射能の汚染状況を色だけで表示

多いとやや多いが全く同じ色にしか見えない

ハザードマップなどの公益物はすべてカラーユニバーサルデザイン化するべき。


実は、放射能汚染状況ではなく、
視聴者参加型のお天気情報でした。
黄緑とオレンジが全く同じにしか見えません。
(色覚にはタイプの差や個人差があります)

 


<< | 3/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

そんなに急がないでゆっくりしましょうよ

CUDの教科書

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線
色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 (JUGEMレビュー »)
伊賀公一
私の自伝的色覚書籍です。生き方や仕事のヒントが詰まっているかと思います。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM