CUDアウェアネスリボン試作

こちらもキャンペーンバッジと同様に私の手すさびの一部。
カラーユニバーサルデザイン活動をさりげなく支援するためのアウェアネスリボンをデザインしてみた。光っているのは七宝焼きで作ったものだから表面がガラスでてかっている。ベースは銀でと思っていました。このイラストだといぶし銀ですね。
もっと単純な赤と緑の布リボンを最初に描いてみたのですが、
分かりやすいCUD推奨配色セット4原色をあててました。
フォントはアップルの公式フォント Myriad を使ってみました。
アウェアネスリボン JUGEMテーマ:ユニバーサルデザイン

CUDキャンペーンバッジを試作してみた

あくまでも個人的な物作りの趣味としての記事ですが、CUD普及活動を支援するためのキャンペーンバッジを試作してみた。 70年代いやそれ以前から有ったらしいがブリキの板をカナばさみで切って裏側に安全ピンをつけイラストを描いた紙を糊で貼って平和運動や反戦運動キャンペーンをしていたのが始まりだという。少量であればカラープリンターとバンダイの缶バッジメーカーで簡単にできてしまう。とりあえず20個くらい手作業で作ってみた。
賛助会員の方にはプレゼントしようかな。あ、今日IAUD行くから配ってこよう。

フェイスブックに載せたらコスト計算の問合せがあったので。器械は2250円で3センチバッジ専用機。バッジは15個入りで700円くらい。製造単価は45円なので一般的な缶バッジのカンパ価格が100円だとして1時間に20個作って時給1000円のアルバイトですね。

キャンペーンバッジ

静岡県掛川で40名限定で無料のCUD体験付きセミナー

 9月21日(金)午後から 静岡県掛川で40名限定で無料のCUD体験付きセミナーが開かれます。申し込み見締め切りは9月14日で下記から申し込みができます。

CUDOからは副理事長の伊賀公一、株式会社バンダイから三本松さんでお話をさせていただきます。40名限定ということです。

http://www.azarea-navi.jp/event/9月21日(金)ユニバーサルデザイン実践講座カラ/


CUDOの公式サイトがリニューアル FaceBookページも

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(正式名称:特定非営利活動法人Color Universal Design Organization )の公式サイトがリニューアルになっています。情報が得られやすいように改善し、Plone CMSを使ってアクセシビリティを向上させるように計画しました。
 http://www.cudo.jp/

CUDOが賛助会員の募集をしています

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構では、賛助会員の一般募集を始めています。
個人賛助会員は入会金1000円で年会費が2000円になっています。

http://www.cudo.jp/x8wu90/vjmucu

レスキュー3 ホワイトウォーター講習

昨年は応急手当普及員の講座に行って研修を受けたのですが、近年は川で大切な友人を亡くしたこともあり、自分もまた加齢による体力の限界を知りたくなったので、レスキュー3ホワイトウォーター講習会に行ってみた。

ものすごく暑かったのだが、講師の先生は「水は飲むから脱水症状にはならないよ」と言ってたり「本来開催する予定だった川が泳げてしまうので場所を変えました」とか普通に言ってたりする。 
「泳げてしまうので?」「水は飲む?」  ((((;゜Д゜))) どういう意味????

全員そろったら座学をするのであるが、やたらに体格がいい人たちで、聞いてみたら消防署の筋金入りの方たちで。僕って何か間違ったのかも  ((((;゜Д゜)))

昼からは実習と言うことで、川の中を泳いで渡る。全員ライジャケにヘルメットとレスキューロープを装着。僕は沢登りやカヌー用の軽装型ファイントラックの3レイヤーで来たのであるが、みんなウェットスーツだなあ。

まずは、沈床の複雑な川の流れをラッコ泳ぎして行くのだが、ものすごくお尻に岩が当たる。1発目で目の前が真っ暗になるほど痛かった。次回行くならクッション性の良いものを履いていた方が良いな。服を着るのにもたついて一人だけ後から行ったので、ものすごく頑張って追いつこうとして泳いでいたら、急に呼吸ができなくなった。ライジャケのサイズが合って無くて締め付けたら胸が苦しかったのが原因か。単に年なのか。近頃全く泳いでなかったしなあ。

それで遅れながらテトラポットに水がザーザー当たるところをかき分けかき分け言ったところが、こんなところ。 ((((;゜Д゜)))

レスキュー31

これはザラ瀬じゃないよ。深さ結構あるところにはい飛び込んでください。
消防署の若者はそう言われると手を上げてどんどん飛び込んで行けるんだなあ。頼もしいよ。
ロープレスキュー訓練はその後なので、全然流される人に届いてない。。。。。。

こちらは動画


私はまださっきの無酸素運動後遺症が残っていたので、しばらく休憩させてもらってからチャレンジしたのだが。自分の常日頃の運動不足やライジャケの整備などとても参考になったのでした。落第かと思いましたが、もらってきました国際認定証。これで何か人の役に立てばと思うのです。


野田知佑の川遊び教室

徳島の「吉野川シンポジウム実行委員会」や「吉野川みんなの会」を東京でも支援しようと、徳島県人を中心に結成された「吉野川・東京の会」が10年間上野公園で続けてきた「野田知佑ハモニカライブ」が10年目には街でなく川で野田さんのハモニカを聞きたいと茨城県のやなせキャンプ場での開催をした。このハモニカライブを始まりとして、徳島で始まった「川の学校」を全国で開催したいと結成された「野田知佑の川遊び教室」年に一度の野田さんを招いての「大会」が開催された。この14年間95%の確率で横殴りの雨だっtのだが、奇跡が起こったように晴れ続けた。

僕は20年ぶりに連凧を上げた(上げているのは東さん)

黒曜石を欠いて作った石刃を見せてもらった。

子供たちが夢中で川で遊ぶ。冷えた体を温めるためにドラム缶風呂を用意。ご苦労様です。

こんなにたくさんの子供たちがやなせキャンプ場に集まった。
事故もなく、天気も良くて本当に好日でした。

野田知佑の川遊び教室 公式サイト

応急手当普及員

駅でいきなり目の前のサラリーマンが「ひいいい」と言って昏倒した。救急車が来ない。
サウナ風呂でいきなり水にうつぶせになった。飲酒していて意識が無い。
焼き肉屋で後ろの家族の一人がいきなり床に倒れた。呼吸はしているが意識がない。
お世話になった方と友人が、二人川で流されて亡くなった。 

わずか約1年でこんなことがあったのだが、いくつかの例で「動かすな!」「触るな!」「医者が来るまで触ったら駄目だ!」という強い制止をする人がいた。痙攣しているのに手が出せない。救急車が8分くらいかかった。

知識がないために何も出来なかった自分が悔しくて、秋口から救命講習に行くようになった。最初は茨城県のキャンプ場で簡易的な応急措置を3時間で習った。心肺蘇生を人形を使って行ったりAEDを初めて見た。それまで思っていた疑問を署員の方に尋ねた。

「救急隊員が来るまで触らない方が良いのですか」というものである。
回答としては「応急手当」「応急救命措置」は救急車が到着するまでの間、空白状態を作らず、いかに早く救命措置をするためのものである。





救命講習

救命講習(きゅうめいこうしゅう)は、日本で消防本部によって行われている応急処置技能認定講習。「応急手当の普及啓発活動の推進に関する実施要綱」(平成5年3月30日消防庁次長通知)に基づく、消防局消防本部が指導し認定する公的資格の一つ。

日本赤十字社の「赤十字救急法基礎講習」「赤十字救急法救急員養成講習」相当である。受講者数では年間約100万人で、数ある救急救命に関する講習の中で最も多い(平成17年度)。

応急処置の技能が指導される。半日の「普通I」「普通II」と終日の「上級」3種類があり、「普通I」は主として心肺蘇生法のみが教授される(赤十字の基礎講習同等。「普通II」はIと同じだが、医務室など高頻度で処置を行なう可能性のある部署にいる人向けで、修了試験が課される)が、「上級」ではこれに加えて外傷手当(三角巾包帯法など)や異物除去、搬送法が加わる(こちらが赤十字救急員養成講習同等)。遅刻・早退なしに全教程を修了すると、消防長認定の「救命講習修了証」(消防本部によっては「救命技能認定証」)が交付される。なお、バイスタンダーCPR普及が喫緊の課題である為、上級講習を実施する機関は指定都市中核市レベルの市に置かれる消防本部のみ。兵庫県川崎市などでは修了者を「市民救命士」と呼ぶ。

2005年、自動体外式除細動器の使用が専門家以外にも解放されたのに伴い、普通講習にも操作指導が行われる事になった(修了証にも「AED教程修了済」「―業務従事者」などの一文が追加されている)。

受講の詳細な開催日程は地元市町村の消防署に問い合わせ。




JUGEMテーマ:スポーツ

今年は21世紀最大の出来事があった

少し時間が経つと書けるようになる。
毎年 大事な人が先に行ってしまうな。

去年は徳島県に流れる吉野川を大事にしようと一緒に活動した姫野雅義さんが
行ってしまった。

今年は、なんと言ってもジョブズが先に行ってしまったことだろう。
自伝を読んでいたらバックミンスターフラーの話も出てくるんだねえ。
1976年から2011年まではずっと一緒だったかな。
あなたがいたから私もいる。ご苦労様でした。ありがとうジョブズ。


あなたがいたから僕がいる

永遠に


親子で徳島新聞に載った週末の日

徳島新聞に私の事を書いた記事が掲載された。
著者の小西昌幸氏は徳島県板野郡北島町立図書館 創世ホールの館長さんであり、パンク音楽やケルト音楽、ロックやグループサウンズ、怪獣映画や孔版印刷など希少な文化やサブカルチャーに非常に詳しい方で、若き日に小西さんと知り合えたことは私の人生に大きな影響がった。地方に置いておくのがもったいない人材であるが、徳島の財産なのでそれでいい。

小西さんについてはとても語り尽くせないのであるが、詳しくはネットなどで検索すれば出てくるので参照されたし。 

伊賀公一徳島新聞小西さんが紹介


この記事が出たのが私の56歳の誕生日だった。このことを郷里の父と母に伝えたところ、朝方父から電話があった。「わしも今日 大きく徳新にのせてもらった」

伊賀正美徳島新聞82歳徳島マラソン

82歳まだまだ現役 最高齢、伊賀さん(徳島市)出場   2011/11/2 14:51

82歳まだまだ現役 最高齢、伊賀さん(徳島市)出場 6日の「東日本大震災復興支援チャリティ・とくしまマラソン」(徳島陸協、県、徳島市、徳島新聞社など主催)に82歳の鉄人ランナーが出場する。今大会最高齢の徳島市下助任町5、社会保険労務士伊賀正美さん。50歳で健康のために走り始め、これまでに完走したフルマラソンやトライアスロンは100回以上。今回の目標タイムは5時間で「生涯現役がモットー。100歳になっても走り続ける」と元気いっぱいだ。

 とくしまマラソンは第1回大会から3回連続完走し、第1回大会では4時間40分の好タイムを記録。今年は7月に美波町のひわさうみがめトライアスロンで12年連続完走、10月の阿波吉野川マラソンでは10キロを1時間で駆け抜けた。これまでに棄権したのは1回しかないのが自慢だ。

 マラソンを始めたのは1979年。多忙なサラリーマン生活で心身ともに疲れ切っていたころ、気遣ってくれた兄に勧められて見に行ったのが第1回阿波吉野川マラソンだった。生き生きと走るランナーに接して「こんな楽しい世界があるんだ」と気持ちが吹っ切れたという。同大会には翌年の第2回から今年まで32回連続出場を果たしている。

 「生来の凝り性に火がついた感じ。走るのが面白くてやめられなくなった」。陸上競技の経験はなかったが、走り始めると体調が良くなり風邪をひくこともなくなった。54歳からは練習に自転車や水泳も取り入れ、トライアスロンにも挑戦。今では医師から健康状態について「全く異常なし」と太鼓判を押されるほどだ。

 毎朝、3時半に起きて4時から自宅の周囲を1時間かけて10キロ走る。雨の日も風の日も休んだことはない。さらに、仕事の合間を縫って眉山中腹を10キロ走る。トライアスロンの大会が近づくと、眉山の周囲を自転車で40キロ、小松海水浴場やプールで1キロの遠泳を欠かさない。

 「走ることを通じて多くの仲間ができた。82歳でも十分やれることを示し、高齢者ランナーの励みになればうれしい」。日焼けした顔に自信をのぞかせた。
【写真説明】82歳の大会最高齢でとくしまマラソンに出場する伊賀さん=徳島市内


はい、参りました。完全に脱帽です。

<< | 2/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

そんなに急がないでゆっくりしましょうよ

CUDの教科書

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線
色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 (JUGEMレビュー »)
伊賀公一
私の自伝的色覚書籍です。生き方や仕事のヒントが詰まっているかと思います。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM