徳島の父が頑張っております。

82歳鉄人走って幸せ 国内完走者で最高齢

JUGEMテーマ:スポーツ

82歳のトライアスロン選手が徳島市にいる。戦争を経験し、仕事で体をこわし、「このまま死んだらつまらんな」と走り始めたのがきっかけだ。初レースから20年余り。気がつくと、傘寿を迎えた「鉄人」は日本に1人だけだった。

 徳島市の社会保険労務士、伊賀正美さん(82)の一日は未明のランニングから始まる。1時間で10キロ。この間、足が地面をける音に耳を澄ませ、体の状態をチェックする。「音がいつもと違う日はどこか悪い。無理はしない」

 トライアスロンはスイム(1・5キロ)、バイク(40キロ)、ラン(10キロ)の計51・5キロ。60歳で初出場してから、国内外のレースで30回以上完走している。12回連続出場となった今年の「ひわさうみがめトライアスロン」(美波町)は4時間16分でゴール。日本トライアスロン連合によると、記録が残る国内の公式大会で完走した80代以上の選手は伊賀さんだけだという。

 スポーツと無縁だった人生に転機が訪れたのは、50歳になってからだ。公務員として勤めた職場はストレスが多く、胃腸をこわした。医者にもらう薬は効かず、キャベツをすりつぶした汁も試したが、だめだった。

 痛みに耐えながら思い出したのは戦争の記憶だ。旧制中学卒業を控えた1945年2月、愛知の軍用機工場に学徒動員された。偵察機を整備する毎日。ある朝、大規模な爆撃に遭い、工場近くの土手のくぼ地で必死に身を隠した。「あのつらさに比べたら」。そんな思いがこみ上げてきた。

 六つ上の兄にマラソンを勧められたのは、その頃だ。みるみる体調は良くなったが、1年でひざを痛めた。リハビリのつもりで競技用自転車を始め、顔が風を切っていく感覚を知った。仲間に誘われ、トライアスロンに挑戦しようと決めた。金づちだったが、1カ月プールに通い、クロールで25メートル泳げるようになった。

 「この年になっても若い人たちと同じ舞台で楽しめる。それに気がついたのが幸せのもと」。今年、自転車で坂道を楽に上る技術をマスターした。体を起こし、ハンドルを手で引っ張るようにしながら強く踏み込むと、どんどん進む。「あんなに苦しかったのに、今は坂が見えてくるとうれしくなる」。体力の限界は、まだまだ見えない。

(水沢健一) 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

そんなに急がないでゆっくりしましょうよ

CUDの教科書

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線
色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 (JUGEMレビュー »)
伊賀公一
私の自伝的色覚書籍です。生き方や仕事のヒントが詰まっているかと思います。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM