山梨県インテリアコーディネータ協会でセミナー(09.06.17)

 山梨県インテリアコーディネータ協会でセミナー講師

2009年6月17日 甲府市 会場 リバース和戸

会員のインテリアコーディネータさん達30名に、バリアントール体験・講義・質疑応答などで約2時間半。

色を装飾的に扱うプロの方達から出る質問の中にこういうものがある。
「色弱者は色にどのような感情を持つか?」というものなのだが、これは分けて考えなくてはならない。
 ● 個人体験色彩感情
   イメージを自身の体験と接続して想起される感情は個人的なものである。
 ● 民族的色彩感情
   特定の地域・環境・文化的背景に左右される。西洋では太陽は黄色。フランスでは林檎は緑と思う人が多い。
 ● 普遍性色彩感情
   上記二つに左右されない色彩感情と言われているもの。深掘りするともっと分けられる。

この中では個人体験と民族的色彩感情は色覚型ではなく、色名理解と色弁別能力に左右されるだろう。色覚型によって左右されることが多そうなのは、普遍的な色彩感情と言われるものだろう。

先天性色覚タイプは普遍性があるかどうか。実はそこのところを研究している研究者がいらっしゃるので、発表を待たれたい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

そんなに急がないでゆっくりしましょうよ

CUDの教科書

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線
色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 (JUGEMレビュー »)
伊賀公一
私の自伝的色覚書籍です。生き方や仕事のヒントが詰まっているかと思います。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザイン (JUGEMレビュー »)
カラーユニバーサルデザイン機構

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM